営業のプロにお任せ!電話代行サービス | Telephone Service

営業のプロにお任せ!電話代行サービス

少人数経営の場合、営業が負担になることも

ある程度規模が大きい会社では営業専任のスタッフを雇うことができますが、少人数で経営している会社の場合は商品開発や市場調査などの仕事を兼ねることが殆どです。実際に取引が始まりそうな話が入るとお客様のところへ行くこともありますし、新規の開拓にはそれほど時間をかけられません。
電話営業は個人、法人問わず非常に多くの人と話ができることから、営業ツールとして一般的なものですが、その成功率はあまり高いものではありません。無作為(ある程度の見込みは立てますが)に電話をして、自社のサービスが相手のニーズに合っていることは偶然に近いものがあります。そのため、電話営業については外注を行うのが効率的な判断と考えられます。詳しい話は直接出向いて行えば良いので、電話をする人にはそれほど深い知識は無くても問題は無いでしょう。

電話のプロがクオリティの高い仕事を行います

発信、受信を問わず、正しい応対や営業能力が求められます。電話営業はそれほど深い知識が必要ではありませんので、営業能力に特化し、様々な業界で実績を上げているスタッフが多くいます。商材が違っても、商品やサービスを説明してお客さんのニーズをくみ取るという点は同じですから、「電話」という括りでプロになることができるのです。
代行業者を選ぶ際には、スタッフを使用して何をしたいのかをはっきりさせておくべきです。受信中心で、いわゆる留守番を任せたいのか、発信中心でテレホンアポインターのように仕事をして貰いたいのかなどがありますが、それによって力を発揮できるスタッフは異なってきます。受信中心であればその他の事務業務もできる必要があるでしょう。